1

日本名称:「六百六十六魔童子」 / The Child of 6
属性:闇
種族:吸血鬼族(フルーツバット亜族)
モデル:Shinya (DIR EN GREY)

温厚な性格で音楽付きの吸血鬼。

2本の骨で出来たステッキ型の武器を使い悪魔のリズムを奏でる。

そのリズムを聞いたものは発狂し狂ったように死ぬまで踊り続けると言われている。

時たまはじけ飛ぶ衝撃波を発生させで民家などを吹き飛ばす事もある。

Day Walkerで少しの時間であれば太陽の下での活動も可能。

吸血鬼族の中でも特殊な存在で人間や動物の血液は好まずフルーツの果汁を好んで飲むという伝承がある。

フルーツバットからの派生の亜種との噂も。

こちらから攻撃をしない限りは特に人間を襲い危害を与える事はないと言われているが

その美しすぎるルックスにより数々の女性が魂の虜になり憂鬱感や倦怠感、依存性という症状に襲われる。

音楽を好み普段は何人かで集まって生活しているがたまに1人でソロ活動的に動くことが。

退治方法はいたって簡単で見つけたら何もせずそっと素通りする。

滅多に怒ることはないのでこちらから危害を加えない限りは戦闘になることはない。

デザイナー解説

あのディルアングレイのShinyaさんモデルで登場です。
オーメンのダミアンくんとナイトメアビフォアクリスマスのジャックをミックスしたイメージ。
Shinyaさんの少年のように優しいイメージをオーメンのダミアンとし、ジャックのあの棒のような手足をShinyaさんならば表現出来るのでは。。。と考えました。どうでしょうか?

VAMPSハロウィンパーティーでコスチュームを以前担当しましたが今回のはもっとファッション切りで撮影をしたいと考えてオファーしました。
とにかく驚くほどに華奢で足が細いので足の細さを生かすため逆三角形のシルエットになるように肩を大きくディフォルメしたパワースリーブにした燕尾ジャケット。素材は四重織りガーゼで退廃感と風合いを出しパッチワークでストライプを作っています。
首元には骨型のボーンタイを締めています。

撮影ではいつものようなDIR EN GREYのポーズをなるべくやらないようにとモンスターのようなポーズをとってくれとポーズ指導しましたが今までやったことがないポージングだったのでその辺は難しかったんじゃないでしょうか笑

このままこれをHYDEさん主催の幕張のハロウィンパーティーで使えれば楽になったのですが。。。。今年のShinyaさんががどんな仮装になるかは楽しみですね笑

 

 

フォトグラファー MAI
https://www.instagram.com/kushida.official/

ヘアメイク 宇田川恵司(heliotrope)
https://heliotrope-tokyo.net/

モデル:Shinya (DIR EN GREY)
https://www.instagram.com/shinya_official/